ホットフラッシュサプリ※成分の違いに注目!人気売れ筋ランキング

更年期障害の症状にはいろいろありますが、その中でもホットフラッシュは更年期特有の症状として知られています。

ほてりやのぼせ、大量の発汗などを特徴とするホットフラッシュは、顔や上半身を中心に起こり、下半身にはあまり症状が現れません。
ホットフラッシュの原因は女性ホルモンの低下によって自律神経が乱れることとされており、さらに、ストレスや運動不足で悪化しやすい症状です。

 

そんなホットフラッシュの症状を軽減するためにできるセルフケアがあります。
ホットフラッシュは、自律神経が乱れて血行不良になると起こるため、軽い運動をして血液の流れをスムーズにすることで症状を軽減できます。
かかとを上げ下げしたり、手首をぐるぐる回すなどの簡単な運動で大丈夫なので、気がついたときにサッとやってみましょう。
また、発汗機能を鍛えることも有効です。
継続してストレッチやウォーキングを行うと、発汗機能を鍛えると同時に血行も良くなります。
自律神経を落ち着かせるために深呼吸をするのも効果があります。
自律神経が司る機能のうち、呼吸だけは自分で意識して行うことができます。
深くゆっくりと呼吸を繰り返すことで、自律神経が落ち着いてリラックス状態となり、発汗異常や血行不良が改善されます。
ホットフラッシュは、ストレスや緊張も症状を悪化させる原因となります。
そこで、気分を爽快にするミントの香りや、気持ちを明るくするオレンジの香りなどを、ルームフレグランスやアロマで生活に取り入れて緊張をほぐすことも有効な手段です。


ホーム RSS購読 サイトマップ