ホットフラッシュサプリ※成分の違いに注目!人気売れ筋ランキング

ホットフラッシュとは、更年期障害の代表的な症状のひとつです。

急激に顔にほてりを感じたり、のぼせたように熱を感じる状態に陥ったり、体の感じる気温に関わらず大量の汗をかいたりします。
この症状には前兆が無く、人前など不意のタイミングでも起こるため、更年期女性の悩みになりやすい症状です。
人前で、急に顔が紅潮したり滝のように汗をかくことから、人前に出ることが怖くなってしまったという女性も少なくありません。
こうしたホットフラッシュの症状は、更年期の女性の多くが経験しています。

 

更年期に入った女性のうち、70パーセントから80パーセントほどの人がホットフラッシュの症状を感じているといわれています。
のぼせや発汗は、代謝のいい人や汗かきの人なら更年期以外にも経験するかもしれませんが、そういったものとホットフラッシュの違いは、その症状の現れる部分にあります。
ホットフラッシュは、顔や上半身にのみ起こるのが特徴です。
下半身は冷え性といえるほど冷えている状態でも、顔だけが紅潮して発汗するといった状態がよく見られます。

 

ホットフラッシュで大量の発汗があると、体が冷えやすくなり体調を崩す場合があります。
また、体が冷えてしまい、下半身の冷え性が悪化する可能性もあります。
あまりにもホットフラッシュの症状が重い場合、心臓疾患や高血圧、甲状腺の異常などに原因がある可能性もあるので、更年期障害のひとつだからと我慢せずに婦人科の受診を視野に入れましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ