ホットフラッシュサプリ※成分の違いに注目!人気売れ筋ランキング

のぼせや大量の発汗など、いわゆるホットフラッシュと呼ばれる状態は、更年期に見られる代表的な症状で、多くの女性が悩んでいる症状でもあります。

ホットフラッシュには、エストロゲンという女性ホルモンの減少が大きく関わっているため、これをサポートする成分を摂取すると症状の改善に繋がります。

 

エストロゲンの減少を補う成分として知られているのは大豆イソフラボンです。
エストロゲンに似たはたらきをもらたすため、ホルモンバランスの乱れを整えてくれます。
さらに、大豆イソフラボンが体内で変換されてできるエクオールという成分も、ホットフラッシュ対策に有効です。
ホットフラッシュをはじめとする更年期障害に効果的な成分は、他にもローヤルゼリーに含有するデセン酸やプエラリア、マカなどがあります。

 

ホットフラッシュは、自律神経の乱れが原因とされており、自律神経を整える成分はサポニンやニンニク、プラセンタなどがあります。
大豆イソフラボンなどが更年期障害の根本原因である女性ホルモンのサポートをするのに対して、サポニンなどはホットフラッシュ自体の原因である自律神経にはたらきかけます。

 

こうした成分を食事から十分な量摂取するのは難しいため、更年期サプリや漢方を利用して補う方法がおすすめです。
更年期障害の症状には個人差があり、その差は栄養素の摂取にあるとされています。
サプリメントを利用して栄養バランスに気をつけることで、症状軽減だけでなく予防にも繋がるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ